くらし情報『金型ひとつで3種類!業界伝説の名作「コイのプラモデル」』

2017年4月30日 16:00

金型ひとつで3種類!業界伝説の名作「コイのプラモデル」

■ 「元祖クールジャパン」再検証

~ファイル24【ナカムラ およぐひごい】~
5月5日は『端午の節句』。現在は地域のゴールデンウィーク行事や、商店街の飾りなどでしか見かけなくなった鯉のぼりですが、かつては、男の子のいる比較的裕福な個人宅が軒先や庭先にハタ竿をたてて、豪華な鯉のぼり自慢をしていたものです。

いや、その頃は鯉のぼりだけではなく、模型屋さんに行くと、鯉のプラモデルまで売られていたのです。

それが今回紹介するナカムラの『およぐひごい』と『およぐにしきごい』。1970年代前後の夏休みのこどもにとって、定番的なプラモデルは、長い紐状のゴムをねじりあげ、その解放力でスクリューを回転させて水上や水中を進む、船や潜水艦のプラモでした。それらと同じゴムの反発力で、なんと尾びれをパタパタと動かす特殊なクランク機構を仕込んだ非常にユニークなプラモです。

金型ひとつで3種類!業界伝説の名作「コイのプラモデル」


コイが子供にウケるとは思えませんが、何とも渋いチョイス。箱絵もグッとリアルで、このまま日展に出品してもよさそうな名画タッチではありませんか。

ちなみに絵師は鴨下示佳さん。1960~1970年代にかけて、数多くの駄モノ系プラモデルの箱絵をリアルな筆致で手掛けました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.