くらし情報『古代人類の進化系か?火星で全長15センチの小人見つかる』

2017年6月30日 07:00

古代人類の進化系か?火星で全長15センチの小人見つかる

また火星から大きなスクープが飛び込んできた。UFOや宇宙人の研究で著名なYouTubeチャンネル『Paranormal Crucible』が報じた映像によると、アメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査車『キュリオシティ』から送られて来た画像の中に、“奇妙な小人”が写り込んでいたというのだ!

古代人類の進化系か?火星で全長15センチの小人見つかる

(C)Paranormal Crucible

どうだろう?よく見ると、白い矢印の部分の四角い岩に人影が見えないだろうか。この岩は大きくはなく、手のひらサイズのようだ。しかも人工的に切り割ったような形をしており、とても自然にできたようには思えない。また、手前の岩にも、十字型のひび割れが入っており、極めて不自然だ。

■ 火星の採石場か

古代人類の進化系か?火星で全長15センチの小人見つかる

(C)Paranormal Crucible

地球上に存在する神話上の小人は、自分が小さく非力であるため、とても臆病で、人目を避けて暮らすことが多いと語り継がれている。もしかすると住居用に使う岩を、ここから切り出している最中に、偶然キュリオシティが接近し、あわてて岩陰に隠れた小人が撮影されてしまったのではないか。

■ 「ホビット」のモチーフと呼ばれた80万年前のフローレス原人

かの有名なJ・R・R・トールキンの書いた『指輪物語』のように、地球では小人の伝説が数多くある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.