くらし情報『神田沙也加が結婚と独立で母の松田聖子とついに和解へ』

2017年4月27日 19:30

神田沙也加が結婚と独立で母の松田聖子とついに和解へ

神田沙也加が結婚と独立で母の松田聖子とついに和解へ

(C)まいじつ

松田聖子と神田正輝の娘でタレントの神田沙也加が、9歳年上の俳優の村田充(みつ)と結婚することを、インスタグラムで明らかにした。昨年夏の舞台『ダンガンロンパ THE STAGE』での共演がきっかけになったという。

「村田はファッションショーや雑誌のモデルとして活躍しているイケメンだけに、母親の聖子から『もっと堅実な職業の人にしたらどうか』と当初、反対されたといいます。ですが、沙也加は『この人と添い遂げたい』と押し切ったそうです」(芸能関係者)

沙也加は2001年の中学3年生時に、聖子が決めた芸名『SAYAKA』として芸能界へデビュー。しかし、最初のシングル曲以外は伸び悩み、2003年の映画『ドラゴンヘッド』(主演:妻夫木聡)でヒロインを演じるも、女優としての評判は散々だった。

「母親の聖子は、日本から離れてアメリカへ留学するよう勧めていましたが、沙也加は全く言うことを聞きませんでした。家を飛び出してギタリストと交際したり、好き勝手に生きていた印象があります。しかし、いまはすっかり仲直りをしています。結婚式で聖子が歌うシーンが見られるかもしれません」(同・関係者)

■ 公私ともに独立した沙也加

2014年に公開されたディズニー映画『アナと雪の女王』で、沙也加はアナ役の日本語吹替えを好演し、映画のヒットに貢献した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.