くらし情報『「日本のハーブ」しょうが、わさび、大葉などの良さを見直そう!』

2017年5月5日 16:00

「日本のハーブ」しょうが、わさび、大葉などの良さを見直そう!

「日本のハーブ」しょうが、わさび、大葉などの良さを見直そう!

hinako / PIXTA(ピクスタ)

イタリアンバジルやミントを家で育てたり、ローズマリーを自家製フォカッチャに入れたりと、ハーブを生活に取り入れている女性が増えている。しかし、“日本のハーブ”のことを見過ごしてはいないだろうか。

ハーブというと、睡眠を促すラベンダーやカモミール、肉のくさみ消しに使うローズマリーやタイムなどを思い浮かべる人も多いだろうが、そもそもハーブとは、ラテン語で草という意味を持つ言葉“Herba”に由来するもの。草の中でも、香りが強いものや、薬膳効果があるものをハーブと呼んでいる。日本にも、香り高くて薬効のあるハーブがたくさんある。

すぐに思いつくだけでも、しょうが、わさび、大葉、三つ葉、春菊、ゆず、ミョウガ、山椒、ふき、アシタバなどなどだ。

■ 色々な効果が期待できる「日本のハーブ」たち

例えばおなじみの大葉は『β-カロテン』がたっぷり。スムージーに入れてもおいしい。

昔は「食べるとバカになる」と言われていたミョウガは、言い伝えとは逆で、頭がスッキリするハーブ。ミョウガに含まれる香り成分は心をリラックスさせる。

アシタバは代謝を促すので美容にも持って来い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.