くらし情報『トランプ米大統領「金正恩と会見してもいい」発言の真意』

2017年5月12日 17:30

トランプ米大統領「金正恩と会見してもいい」発言の真意

トランプ米大統領「金正恩と会見してもいい」発言の真意

(C)まいじつ

5月1日、トランプ米大統領がインタビューのなかで、北朝鮮の金正恩労働党委員長との会見をしても構わないと表明した。ただし、“状況が適切ならば”という条件付きだ。

どのような付帯条件かは不明だが、国際社会が北朝鮮に要求しているのは、核実験の停止と弾道ミサイル発射の中止だろう。恐らくこれを受け入れてからの話ということではないだろうか。

あるいは核とミサイルの廃棄は「敗北でも後退でもなく、国民を豊かにする戦略的選択だ」と国際社会に向かって言わせるかもしれない。そうであれば正恩委員長の顔を潰さずに済む。

「トランプ大統領には“ストロングマン”が好きなのではないかという疑惑が出ています。例えば、麻薬密売人への有無を言わせぬ射殺が人権侵害だと批判を浴びている、フィリピンのドゥテルテ大統領を擁護しています。また、エジプトのクーデター首謀者のエルシーシ大統領をホワイトハウスに招待したり、トルコのエルドアン大統領に祝賀の電話、プーチン大統領には親しみを表現し、中国の習近平国家主席を『ベリーグッドな男』と持ち上げていることからです。これらの人物は全て、外国メディアからは“独裁者”と酷評されています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.