くらし情報『これが昭和のスマホだ!冒険&スパイ気分を満喫できる傑作玩具』

2017年5月13日 16:00

これが昭和のスマホだ!冒険&スパイ気分を満喫できる傑作玩具

■ 「元祖クールジャパン」再検証

~ファイル27【学研 ボーイズコマンダー11】~
子供のころはこの季節になると冒険心がムクムクと湧いてきたものです。というのも、1960年代後半ごろ、毎年夏が近づくと週刊少年漫画雑誌によく《無人島でロビンソン・クルーソー体験》、《君も秘密基地を作ろう!》なんてこどもの冒険心をあおる特集記事が掲載されていて、煎餅かじりながらそれを読んでいたからです。

もちろん、夢想するだけです。実際に無人島に行ったこともないし、友達と秘密基地を作ったこともありません。残念ながらそのころには、私が暮らしていた町にそんな遊びが可能な空き地は見当たりませんでしたから。記事を読みながら妄想するだけで楽しかったのです。

時代が1980年代に移りますと、そんな妄想と現実のギャップを埋めてくれるアイテムが登場します。それが今回ご紹介する『ボーイズコマンダー11』です。

これが昭和のスマホだ!冒険&スパイ気分を満喫できる傑作玩具

広告は『玩具商報』(商報社/1981年7月号)より

15×12cmのコンパクトボディーに潜望鏡、望遠鏡、カウンター、ふえ、虫めがね、AMラジオ、懐中電燈、メジャー、方位磁石、日時計、高度計という11もの機能を搭載した、冒険・スパイアイテム好き少年にはたまらない、夢のような商品です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.