くらし情報『昭和40年代に全国の駄菓子屋にあった「ヤバいブツ」』

2017年5月21日 16:00

昭和40年代に全国の駄菓子屋にあった「ヤバいブツ」

■ 「元祖クールジャパン」再検証

~ファイル30【パチ怪獣ブロマイド】~
昭和40年代(1965~1974年)に、『パチ怪獣ブロマイド』という、かなりヤバいブツが全国の駄菓子屋で大量に出回っていました。

弱小駄玩具メーカーがテレビや映画に登場した人気怪獣の恩恵にあずかろうと、正規の版権を取らずに怪獣に勝手に角を生やしたり、いろいろな怪獣のパーツを組み合わせたりしてデッチあげた怪獣のブロマイドです。特にデザインの整合性を考えているわけではないので、だいたいこんな感じになります。

昭和40年代に全国の駄菓子屋にあった「ヤバいブツ」


左の怪獣は『ウルトラマン』に登場した人気怪獣『レッドキング』の頭に、胴体は『キャプテンウルトラ』に登場したどマイナー怪獣『メタリノーム』、腕は同作の『ジャイアン』という無節操ぶり。もう一方の『ゼットン』にいたっては亀の甲羅をしょってます(笑)こんな怪獣に(c)表記をしてるのも実にアッパレです。

今回、ご紹介するパチ怪獣もその中の1枚です。絶滅したマンモス象のような長いキバが大迫力のパチ怪獣です。

昭和40年代に全国の駄菓子屋にあった「ヤバいブツ」


でも、キバの付け根が何となくオカシイなぁ、付き方が逆じゃないのかな?などとず~っと思っていたのですよ。それが、先日、たまたまツイッターでこの怪獣のオリジナルの元絵を見たのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.