くらし情報『剛力彩芽「女囚セブン」で演技の高評価な理由』

2017年5月19日 21:00

剛力彩芽「女囚セブン」で演技の高評価な理由

剛力彩芽「女囚セブン」で演技の高評価な理由

(C)まいじつ

剛力彩芽が主演している深夜ドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)で、剛力の演技がなかなかいいと評判になっている。

剛力というと、これまではテレビへ出演しても所属芸能事務所の“ゴリ押し”だといわれてきた。

「誰もが“美人”だと褒めるようなルックスではないので、あまり男性の人気がありませんでした。だからといって、女性が憧れる存在かというと、それも違う。それなのに事務所が無理矢理に出すから批判を浴びていたのです」(テレビ雑誌編集者)

剛力が主演が準主役で出演した出たドラマ、『クロコーチ』(TBS系=2013年)、『私の嫌いな探偵』(テレビ朝日系=2014年)、『あすなろ三三七拍子』(フジテレビ系=2014年)などは、いずれも視聴率がひと桁台だった。特にあすなろ三三七拍子は21時台の放送であるにもかかわらず、平均視聴率が5.2%だったため、9話までの途中打ち切りにもなっている。

「若手女優のドラマというのは、視聴者がヒロインを疑似恋愛の対象として見る傾向があります。その点で剛力は、他人を魅了する力が乏しい。好き嫌いの分かれるルックスは致命的になってしまうのです」(同・編集者)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.