くらし情報『AKBへ必死に執着し続ける小嶋陽菜の「OB祭構想」とは何か?』

2017年5月30日 19:45

AKBへ必死に執着し続ける小嶋陽菜の「OB祭構想」とは何か?

AKBへ必死に執着し続ける小嶋陽菜の「OB祭構想」とは何か?

(C)まいじつ

元『AKB48』の小嶋陽菜が、今後もまだまだAKBの名前で商売をしそうだという。

「小嶋は4月19日にAKB48劇場で行われた卒業公演で、AKBを卒業しました。しかし、彼女に卒業の話が出たのは一昨年からで、そこからなかなか卒業しようとしませんでした。プロデューサーの秋元康氏自身が『小嶋は(AKBを)出る勇気がない』と言って黙認していたため、卒業の時期を明確にせずに、ずるずると続けていたのです」(AKBライター)

小嶋は卒業に際して、2月22日とその前夜祭を、代々木第一体育館で『こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~』と銘打って開催。3月31日には音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、AKB48メンバーとして最後の出演をし、『小嶋陽菜プロデュース卒業メドレー』をグループ総勢118人で披露した。

「4月19日には、卒業公演に来場したファンに別れを告げたにもかかわらず、イベントなどにはその後も出続けています。『SMAP』のような解散とは違うので、AKB時代の思い出話はいくらでも使ってネタにできる。小嶋はいまや、完全に“隠れAKBメンバー”です」(同・ライター)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.