くらし情報『天海祐希「緊急取調室」視聴率トップで映画とシーズン3内定へ』

2017年6月21日 21:00

天海祐希「緊急取調室」視聴率トップで映画とシーズン3内定へ

天海祐希「緊急取調室」視聴率トップで映画とシーズン3内定へ


天海祐希が主演した連続ドラマ『緊急取調室2』(テレビ朝日系)の最終回は、視聴率14.4%を記録し、全話通しての平均は14.1%だった。そして、今クールのドラマのなかで視聴率1位の座を見事に勝ち取った。

「この結果で、長期のシリーズ化が確約されたばかりか、映画やスペシャルドラマの話も出ています。シーズン3の製作もほぼ内定していて、天海をはじめ俳優陣や脚本家、スタッフらもギャラの上昇が見込めており、いい話題ばかりです」(テレビ朝日関係者)

特に天海は米倉涼子の『ドクターX』シリーズを意識しており、1話あたりで500万円の出演料だといわれる米倉に追いつきたくて頑張ってきたという自負がある。

同ドラマは、一度失敗した刑事たちが集まり、リベンジを果たすというストーリーが骨格をなしている。失敗の全責任を負わされた刑事が、左遷先の緊急事案対応取調班(通称:キントリ)でひと癖もふた癖もある犯人たちと対決する。可視化された取調室で容疑者と対峙する専門チーム“キントリ”のメンバーとともに、手に汗を握りつつ展開する丁々発止はスリルが満点だ。天海の演じる取調官の真壁有希子がドラマの中心だが、共演者がドラマの柱になることも多々あった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.