くらし情報『なぜ?東京湾で高級魚「天然トラフグ」が繁殖中』

2017年6月25日 19:30

なぜ?東京湾で高級魚「天然トラフグ」が繁殖中

なぜ?東京湾で高級魚「天然トラフグ」が繁殖中

blue horse / PIXTA(ピクスタ)

トラフグは、下関など主に西日本で水揚げされる高級魚だ。しかし、その大半が東京湾から水揚げされたトラフグに取って代わられる日が来るかもしれない。

「昨年6月に調査したところ、江戸川区にある葛西臨海水族園前の砂浜で、天然のトラフグの稚魚が数十匹発見されたのです。トラフグは4月中旬から5月中旬に水深の低い浅瀬で産卵し、成長すると餌を求めて水深のある湾の外に移動するので、河口の多い東京湾で産卵し、隣接する深い相模湾で成長するというパターンが確立されれば、東京湾から相模湾にかけて定着することが期待されています」(神奈川県・水産技術センター)

これまでも、天然のトラフグは東京湾で生息が確認され、漁獲もされている。だが、稚魚が東京湾内で見つかることはなかった。ピンポイント調査で過去に例のない稚魚の大漁を記録したことから、湾内にあるあちこちの浅瀬で産卵されているかもしれないのだ。このトラフグは一体どこから来たのか。

■ 放流した稚魚が自然繁殖したか

「神奈川県では、2004年からトラフグの稚魚の放流を始めて、近年では6万尾から11万尾を放流しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.