くらし情報『デーブの「ジャニーズ」舌禍を防ぐためにサンジャポが異例の措置』

2017年6月26日 11:00

デーブの「ジャニーズ」舌禍を防ぐためにサンジャポが異例の措置

デーブの「ジャニーズ」舌禍を防ぐためにサンジャポが異例の措置

(C)まいじつ

6月25日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人がジャニーズ事務所から9月に独立するニュースが報じられた。しかし、このニュースはVTRのみで伝えられ、番組に出演したタレントたちは一言もコメントをせず、次の話題である須藤のAKB総選挙での結婚宣言へと移っていった。

「見ていてものすごく違和感がありましたが、ジャニーズのニュースに触れるとデーブ・スペクターが問題発言してしまう可能性があります。それを恐れての“リスク回避”措置だったのでしょう。生放送なので変なことが起きたら取り返しがつきません」(芸能関係者)

デーブを止めたかったというのは事実なのだろうか。

■ 過去に「前科」のあるデーブ

今年1月4日の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、12月31日をもって解散した『SMAP』を巡るさまざまな動きを取り上げたとき、コメントを求められたデーブは「オーストラリアのテレビ局から取材が来た」と切り出し、「これだけ日本のSMAPは人気があるのに、なぜ解散するのか、しなければならないのか理解できないということで、相当関心が高いんですよね」と海外での事情を解説していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.