くらし情報『安倍晋三首相と小池百合子都知事の対立が激化する2つの理由』

2017年7月4日 07:00

安倍晋三首相と小池百合子都知事の対立が激化する2つの理由

安倍晋三首相と小池百合子都知事の対立が激化する2つの理由

(C)まいじつ

7月2日に投開票が行われた東京都議会選挙は、自民党が歴史的な惨敗を喫した。この選挙は地方選挙のひとつだが、“国政の先行指標”ともいわれ、安倍晋三首相の今後の政権運営や、衆院解散戦略に大きな影響を与えるのは間違いない。

下馬評でも小池百合子東京都知事率いる地域政党『都民ファーストの会』が優勢といわれていたが、森友学園や加計学園の問題、そして自民党議員の失言や不祥事などが大きく響いた。

「安倍首相は態勢を立て直すために、7月末か8月初めにも内閣改造を行うでしょう。その際、都議選の責任者である党都連の下村博文会長、加計問題で何度も名前が出てきた萩生田光一官房副長官、選挙の応援演説で大失言のあった稲田朋美防衛大臣、ついでにテロ等準備罪の審議でまともに答弁できなかった金田勝年法務大臣、少なくともこの4人は更迭されるなどして表舞台から消えることが予想されます。特に下村、萩生田、稲田の3人は、安倍首相の側近中の側近ですから、内閣の体力は徐々に落ちていくでしょう」(全国紙政治部記者)

今回の選挙では、豊洲市場の移転問題も焦点のひとつとされていた。安倍首相は今年3月の記者懇談会で「彼女(小池都知事)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.