くらし情報『松岡茉優が明かした子役時代の苦難エピソード』

2017年7月4日 10:57

松岡茉優が明かした子役時代の苦難エピソード

松岡茉優が明かした子役時代の苦難エピソード

Negoworks / PIXTA(ピクスタ)

7月3日に放送されたバラエティー番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に女優の松岡茉優がゲストで出演し。レギュラー出演者たちに売れなかったころの下積みエピソードを明かした。

松岡は13歳のときに子供向けの番組『おはスタ』(テレビ東京系)のアシスタントである『おはガール』として本格的に芸能界でデビューした。『くりぃむしちゅー』の上田晋也が「なんか大手のオーディションがあったの?」と芸能界入りの経緯を質問すると、松岡は「妹松岡日菜が芸能界にスカウトされて、そこの事務所の面接に付いていったときに『お姉ちゃんもちょうどいいから事務所に入る』って言われて」と、妹に誘われたことがきっかけだったことを話した。

■ 「いままでやった仕事を教えて下さい」と聞かれ…

さらに、「結構とんとん拍子でここまで来たの?」と聞く上田に、松岡は「来ませんでした」と首を振った。出演陣は「順風満帆に見えるけど…」と懐疑的な顔を浮かべたが、松岡は「おはガールの前にオーディションを100~200ぐらい受けた。でも全部落ちて、子役出身って言っていいのか分からなくなるほど、子役時代はお仕事がなかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.