くらし情報『AVメーカーが豊田真由子議員の「パロディ作品」を製作中』

2017年7月5日 21:00

AVメーカーが豊田真由子議員の「パロディ作品」を製作中

AVメーカーが豊田真由子議員の「パロディ作品」を製作中

(C)Shutterstock

秘書への暴言や暴行問題で、自民党に離党届を提出した豊田真由子衆議院議員。「物事には裏と表があるの。お前は裏なんだよ!」、「ふざけんなよこのやろー」、「豊田真由子様に向かって、お前のやっていることは違うっていうわけ!バカ!」などなど、その暴言の数々に、アダルトビデオメーカーのクリエイターが刺激を受け、サディスティックな女性議員が男性秘書をいじめるというストーリーの企画が次から次へと出ているようだ。

あるメーカーでは『このハゲ-ッ!ハイヒールで秘書の○○を蹴る女議員真由美』などと仮タイトルが付けられた企画や、豊田議員によく似た女優をキャスティングした企画が立ち上がっているという。話題になったミュージカル調の言葉でのプレイ演出や、『死ねば、生きている価値ないだろ、お前』というストレートな仮タイトルのものもあるようだ。

「今、AVメーカーは豊田議員に似ている女優を目を血眼にして探しています。『このハゲーっ!』、『違うだろう!』と、これほど世間で流行しているフレーズはない。さすがに機を見るに敏な業界です」(製作会社スタッフ)

■ アダルト業界での需要は高い?

マゾヒズムのある男性によれば「豊田議員にいじめられたい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.