くらし情報『「ごめん、愛してる」初回放送で酷評された長瀬智也』

2017年7月10日 11:00

「ごめん、愛してる」初回放送で酷評された長瀬智也

「ごめん、愛してる」初回放送で酷評された長瀬智也

(C)まいじつ

7月9日に放送された連続ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)は、初回放送で25分の拡大版で放送された。そのなかで、主演の長瀬智也の演技や、韓国語が下手すぎると話題になっている。

原作は、韓国KBSで制作された純愛ドラマで、今作は舞台を日本に移したリメイク版だ。韓国版は日本でも大ヒットとなった『冬のソナタ』の記録を抜いていて、すでにトルコ、タイ、中国でもリメイクされている。

そのため、第1話で長瀬も韓国語を話す場面が多く見られた。しかし、ドラマを見ていた視聴者からは《韓国語は予想通りの日本なまり》、《韓国語が下手すぎる》、《長瀬君の韓国語に笑った》、《草彅君に韓国語を教えてもらえば良かったのに》とインターネット上に多くの酷評が投稿された。ドラマの評価も《演技の間が良くなくて、引き込まれない》、《硬派ぶった雑な作り》、《韓国ドラマが原作なだけあって重い》、《長瀬くんの前髪の感じが慎吾のドク》、《草彅主演だったらまた違うんだろうなあ》などと否定的な意見が多く見られた。

このドラマは、ラブストーリーでありながらも復讐劇でもあるため、暗くて重い感じに演出されることが予想される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.