くらし情報『新オーディション番組「ラストアイドル」の残酷なシステム』

新オーディション番組「ラストアイドル」の残酷なシステム

2017年7月13日 07:00
 

新オーディション番組「ラストアイドル」の残酷なシステム

mounel / PIXTA(ピクスタ)

AKB48』などのアイドルグループを手掛ける秋元康氏が、テレビ朝日の新オーディション番組『ラストアイドル』を総合プロデュースする。同番組は8月から放送がスタートする予定だ。

最終的に番組からデビューするのは7人。応募資格は14歳から26歳までの女性で、プロ、アマを問わず、既にどこかのグループで活動している人も、所属芸能事務所の許可を得られれば兼任できるという。

「1995年10月から2002年3月まで放送され、一大ムーブメントを巻き起こした『ASAYAN』(テレビ東京系)のようなオーディション・スタイルを踏襲しようというわけです。つんく♂が開発し、鈴木亜美や『モーニング娘。』、『CHEMISTRY』などを輩出した“有象無象の応募者から勝ち上がる”というドラマ性が何よりも魅力の番組です。ポイントは、すでにほかのグループにいるアイドルにもチャンスがあるということ。壮絶なオーディションになることが予想されます」(芸能関係者)

初回放送までに7人を選ぶが、番組には毎回、新たな挑戦者が登場する。挑戦者は7人のうちからひとりを指名し、パフォーマンス対決で勝利すれば、メンバー入れ替えになる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.