くらし情報『「勝てない巨人」に東京ドーム最寄りの水道橋駅で起きている異変』

2017年7月21日 19:30

「勝てない巨人」に東京ドーム最寄りの水道橋駅で起きている異変

「勝てない巨人」に東京ドーム最寄りの水道橋駅で起きている異変

mizoula / PIXTA(ピクスタ)

プロ野球のセ・リーグで下位に低迷している読売ジャイアンツの本拠地、東京ドームに最も近いJR水道橋駅で、ある“異変”が起きている。

「今年の巨人は前半に大量失点をし、早い時間帯で負けが決定的になる試合が多く、諦めて五回くらいで帰る巨人ファンが増えています。おかげで水道橋駅は、“試合終了後の混雑”が緩和されつつあります」(東京ドーム近くに勤めるサラリーマン)

巨人戦が終わった直後は、しばらく電車を見送らなくてはならないほど混雑していたのが、今年は試合終了直後でも電車に楽に乗れるというのだ。

「悲しい現状です。FA移籍で補強した山口俊陽岱鋼らがようやく怪我から復帰したとはいえ、まだまだ巨人は地力を出せていない印象です。このままシーズンが終わってしまう予感もします」(巨人ファン)

打線の軸であるべき四番打者も、猫の目のようにコロコロ変わる。

「一言で言えば、今年の巨人は最後まで不安で見ていられないのです。抑えの投手陣も万全ではないし…」(同・ファン)

水道橋で駅員に「巨人ファンが試合終了前に多く帰っているような気がしますが?」と聞いてみると「今年はそうかもしれませんね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.