くらし情報『小倉優子が狙うべきはかつての「松居一代枠」?』

2017年7月20日 10:30

小倉優子が狙うべきはかつての「松居一代枠」?

小倉優子が狙うべきはかつての「松居一代枠」?

(C)まいじつ

美容師の夫と3月に離婚し、子供ふたりのシングルマザーとなった小倉優子が、今度どんな方向で仕事をしていくのか、一部で話題になっている。

「テレビ番組にはコンスタントに準レギュラー出演や、単発での出番があり、この7月だけでも20番組近くに出ています。離婚のことを引きずるイメージはなく仕事をしています」(芸能ライター)

だが、相変わらず舌足らずで、たどたどしいしゃべり方は変わらない。

「以前と変わらぬ“ゆうこりん”の呼び名のもと、かわいさを売りにしていますが、顔のしわも目立ってきているし、いまのキャラクターは限界が見えている感じがします」(同・ライター)

■ 意外な知識を活かした活躍も

小倉は高校時代からタレントとして活動し、とにかくよくしゃべる“おバカキャラ”だった映像も残っている。また渋谷の街並をバックに、超ミニスカをはいた金髪ギャルだったグラビアも存在しており、当時は相当の遊び人だったことがうかがえる。

「高校卒業間近のときに芸能事務所が変わり、1年ほどブランクがありました。そのときに“こりん星のりんごももか姫”にキャラを替えてブレイクしたのです。ブリッ子とロリキャラを併せた感じで斬新さがありました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.