くらし情報『真木よう子「セシルのもくろみ」低視聴率発進も業界内評価は抜群』

2017年7月20日 22:45

真木よう子「セシルのもくろみ」低視聴率発進も業界内評価は抜群

真木よう子「セシルのもくろみ」低視聴率発進も業界内評価は抜群

(C)まいじつ

読者モデルが敏腕ファッションライターと組み、きらびやかなファッション業界で成り上がっていく…。2014年に沢尻エリカが主演を務めたドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)は、女性編集者たちが成り上がる姿を描いたが、素人がファッションモデルとしてどう成り上がっていくかを描くのが今期の新ドラマ『セシルのもくろみ』(同)だ。このコンセプトはファンのみならず、さまざまな観点から話題を呼んでいる。

主演の真木よう子が演じるのは、元体育会系で新人主婦モデルの宮地奈央。金型仕上げ工の夫と、中学1年生の息子と暮らしている。惣菜屋でパートをしており、見掛けより実をとるタイプだったが、ある日、偶然に人気女性ファッション誌『ヴァニティ』の読者モデルとして誘われたことから人生が一変する。自分とは無縁の世界で生きるトップモデルや編集デスク、ライターなどと接するうちに、嫉妬、見栄、生存競争、経済格差、禁断の男女関係が渦巻く“オンナの世界”で、もがきながら新しい価値観を見出していくことになる。こういったストーリーのドラマだ。

「見所は実に多く、注目すべきは真木だけでなく、脇を固めている役者たちだという意見は多いです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.