くらし情報『巨人・山口俊投手の不祥事に「中堅選手」不満爆発』

2017年7月19日 19:01

巨人・山口俊投手の不祥事に「中堅選手」不満爆発

巨人・山口俊投手の不祥事に「中堅選手」不満爆発

(C)Shutterstock

読売ジャイアンツの山口俊投手が7月18日、トラブルを起こした疑いがあるとして予告先発予定だった中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)の登板を回避した。球団によると、11日未明に右手甲を負傷。その後、東京都内の病院を訪れた際に、酔った状態で扉を壊し、男性警備員を負傷させる暴行事件を起こした疑いが生じたためだという。

この不祥事で球団は、山口投手の当面の起用を自粛することを決めた。事件には不明な点が多く、事実関係の調査が進められている。

「現在チームはセ・リーグ4位で、負け数が先行しているため、暗いムードが漂っています。山口の代わりに緊急で先発登板した高木勇人も、中日打線に打ち込まれて敗戦を喫しました。そんな状況に、チーム内から不協和音が出始めています。ある中堅選手からは『選手を育てることを放棄して、FAで安易に有名選手を取りにいく球団体制に問題があるという認識を持たないと』と、愚痴が出ていました」(スポーツ紙記者)

山口投手は2005年に高校生ドラフト1巡目で横浜ベイスターズに指名されて入団。150キロのストレートを武器に『ハマの守護神』として抑え投手で活躍し、2012年に史上最年少で通算100セーブを達成した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.