くらし情報『「時代遅れで不愉快」高校生タバコ吸いすぎドラマにクレーム殺到』

2017年7月21日 16:00

「時代遅れで不愉快」高校生タバコ吸いすぎドラマにクレーム殺到

「時代遅れで不愉快」高校生タバコ吸いすぎドラマにクレーム殺到

(C)Shutterstock

学校の校舎に高校生らが共謀して爆弾を仕掛けるという、過激なストーリーの連続ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)が7月18日から始まった。初回放送の視聴率は7.9%で低いスタートになったが、キャラクターの立った若い俳優が大勢出演しており、今後の展開が期待できそうだ。

「『週刊ヤングマガジン』に連載されていた漫画が原作です。千葉真一の息子の新田真剣佑が不良高校のボス役である、不良の市橋哲人を演じていますが、画面に出てくるだけで、その迫力に圧倒されるほどの演技力を見せています。たばこを吸っている場面の横顔は、昭和の任侠映画を思い出すほどでした」(映画ライター)

新田真剣佑は“あらた・まっけんゆう”と読む。新田は父親の千葉の血を受け継いだ凄みがあり、目力も半端ではない。不良役がぴったりと似合っていて、たばこを喫煙する仕草が堂に入っている。

「主演で増渕トビオ役の窪田正孝は線が細いだけに、新田の演じる市橋が増渕をいじめる際の陰湿さが、たばこの煙によって倍増されています。しかし、これだけ世の中が喫煙場所を限定しており、東京五輪までにきれいな街を作ろうという声が上がっている時代に、思い切り逆行する演出であることに驚きです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.