くらし情報『「ごめん、愛してる」撮影現場で火花を散らす吉岡里帆と大西礼芳』

2017年7月30日 21:30

「ごめん、愛してる」撮影現場で火花を散らす吉岡里帆と大西礼芳

「ごめん、愛してる」撮影現場で火花を散らす吉岡里帆と大西礼芳


TOKIO』の長瀬智也が主演する連続ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)の撮影現場では、ヒロインの吉岡里帆大西礼芳のあいだに凄まじい“緊張関係”があるという。

「吉岡と大西は役柄上、坂口健太郎が演じるピアニストを取り合うという関係なのですが、吉岡の方は坂口に告白できず、いつも一緒にいる付き人なのに振り向いてもらえずに、大西に嫉妬するという関係です。撮影現場では、吉岡は役に徹して大西へのライバル心を剥き出しにしています。挨拶もそっ気なくしたり、全く話をしていません。大西も吉岡が眼中にない態度。役柄のことを考慮すれば、かなりいい緊張関係です」(テレビ雑誌ライター)

同ドラマは、長瀬がかつて捨てられた母親を探すというもので、母親の大竹しのぶが溺愛するピアニストのボディーガード兼運転手として長瀬が採用されるというもの。長瀬は母親に対して「なぜ自分を捨てたか」という問いを突き付けるために近づく。

「大西は、吉岡に見せつけるようにいちゃついて、坂口の心を振り回す。気分でキスしたり、デート中にもらった花束もそのままに、レストランから消えたりとやりたい放題。吉岡が『それでもまだ目が覚めずに私に振り向いてくれない』と苛立ちますが、そんな女心が次第に長瀬によって癒やされていくのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.