くらし情報『ツイッターが好評でも「セシルのもくろみ」低視聴率な真木よう子』

2017年8月17日 22:30

ツイッターが好評でも「セシルのもくろみ」低視聴率な真木よう子

ツイッターが好評でも「セシルのもくろみ」低視聴率な真木よう子

(C)まいじつ

真木よう子主演の連続ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)が低視聴率にあえいでいる。初回放送の平均視聴率が5.1%、第2話は同4.5%だった。最悪の場合、打ち切りもあり得る数字だ。

「フジテレビの例を挙げると、2015年4~6月期に放送された稲森いずみ渡辺麻友主演『戦う!書店ガール』は初回6.2%、平均視聴率4.8%という低調ぶりで、全10話の予定が9話で終了しました。2012年4~6月期のオダギリジョー主演『家族のうた』は初回6.1%、平均視聴率3.9%で通常10~12話のところが8話で打ち切られています。セシルのもくろみも、すでに書店ガールとほぼ同じレベルなので、危険な状況だといえます」(テレビ誌記者)

同ドラマは、真木の演じる平凡な主婦がモデルとしてファッション業界で成り上がっていくストーリー。ファッション業界でのどろどろとした女性の戦いがテーマになっているドラマといえば、かつての沢尻エリカ主演連続ドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)を彷彿とさせる。

■ 前代未聞のツイッター活用術

「初回放送後のインターネット上の反応をみると、真木よう子が痩せすぎで、演技も大げさで空回りだという厳しい声が多かった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.