くらし情報『性犯罪が法改正で従来よりも厳罰化され取り締まり強化』

2017年8月12日 17:30

性犯罪が法改正で従来よりも厳罰化され取り締まり強化

性犯罪が法改正で従来よりも厳罰化され取り締まり強化

Pakhnyushchyy / PIXTA(ピクスタ)

性犯罪を厳罰化する改正刑法が6月16日成立し、7月13日から施行されている。性犯罪の規定についての大きな改正は、1907年(明治40年)の刑法制定以来のことだ。

改正刑法の主なポイントは次の通り。

  • 強姦罪の罪名を『強制性交等罪』に変更
  • 膣内性交のみならず、これまでは『強制わいせつ罪』で処罰されてきた肛門内や口腔内への陰茎挿入も合わせて『性交等』とし、強制性交等罪で処罰する
  • いままでは女性に対してのみだったが、男性も被害者としてその罪を処罰する
  • 暴行・脅迫がなく、飲酒や薬物の影響などで心神喪失・抗拒不能の状態にある者に対する性交等も同様(準強制性交等罪)
  • 懲役刑の下限について、強姦罪の懲役3年、同致死傷罪の5年から、強制性交等罪を懲役5年、同致死傷罪を6年にそれぞれ引き上げる。
  • 告訴がなくても起訴が可能になり、既に告訴が取り消されている事件などを除き、この非親告罪化は原則として改正法施行前の犯罪にもさかのぼって適用する
  • 18歳未満の者に対し、親など監護者がその影響力に乗じて性交等やわいせつ行為に及んだ場合の、暴行や脅迫がなくても処罰する『監護者性交等罪』と『監護者わいせつ罪』を新たに創設し、刑罰は強制性交等罪や強制わいせつ罪と同じとする
  • その他、集団による強姦罪などを廃止して強制性交等罪などに一本化し、情状面で判断するなどとした。

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.