くらし情報『中居正広オンチの苦悩「マイクを離して歌ってた」赤裸々に告白』

2017年8月3日 10:45

中居正広オンチの苦悩「マイクを離して歌ってた」赤裸々に告白

中居正広オンチの苦悩「マイクを離して歌ってた」赤裸々に告白

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

8月2日に放送されたバラエティー番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、司会の中居正広が『SMAP』時代の歌手としての苦悩を口にし、インターネット上で話題になっている。

この日の放送は『歌がうまい人スペシャル第2弾』がテーマで、つるの剛士阿佐ヶ谷姉妹、そして“世界一日本の歌がうまい外国人”としてデビューしたニコラス・エドワーズら、プロやセミプロの歌手を招き、歌がうまくなる方法を探った。

番組中に、中居が司会を務める『のど自慢・ザ・ワールド』(日本テレビ系)の収録で、ふと中居が上を向きながら「ああ、歌、うまくなりてえ」とつぶやいたことがあったと陣内智則が明かし。そこから中居の歌唱力について話題が移った。

■ 「曲の後半ではマイクを離して歌っていた」

中居本人が自分の歌唱力に限界があることを自覚したのは、17歳のときだったという。陣内はこれを聞き、「40歳過ぎまで(SMAPの歌を)ようやったな(歌ったな)」と苦笑いした。さらに「生放送で、大勢の観客がいる中で(SMAPの)ソロで歌うはどんな気持ちでした?」と中居の歌唱力のなさを前提に半笑いで質問すると、中居は笑いながら歌う苦しみを口にした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.