くらし情報『プロ野球トレード期限終了!「斎藤佑樹はもう需要なし」と関係者』

2017年8月4日 07:00

プロ野球トレード期限終了!「斎藤佑樹はもう需要なし」と関係者

プロ野球トレード期限終了!「斎藤佑樹はもう需要なし」と関係者

Nature / PIXTA(ピクスタ)

プロ野球の東京ヤクルトスワローズ、中日ドラゴンズ、北海道日本ハムファイターズなどが7月31日までのトレード締め切り期限前に“駆け込みトレード”をまとめた。その過程において、斎藤佑樹の名前も取り沙汰されていた。

「ヤクルトの杉浦稔大投手と日本ハムの屋宜照悟投手の交換トレードがまとまる際、そこに斎藤の名前も囁かれていたのです。そもそも今回のトレードはヤクルト側から申し込んだもので、中継ぎタイプの投手を探していました。屋宜の名前が出たあと、日本ハム側は交換要員として杉浦を要求しました。伸び悩んでいるとはいえ、杉浦は2013年ドラフト1位投手であるため、少し戸惑ったのです。その際にヤクルトには『同じドラフト1位として、斎藤を』との考えもよぎりました」(球界関係者)

近年、各球団フロントのあいだでは、シーズン途中のトレードはその選手の家族にも影響が出るとして、敬遠する傾向にあったという。しかし、ヤクルトは7月に14連敗を喫し、緊急事態に陥っていた。

トレードでヤクルトに加入した屋宜は、昨季終盤からサイドスローに転向するなど、活躍するための方法を模索していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.