くらし情報『宮里藍に「引退前に出場を」各大会主催者が懇願中』

2017年8月3日 19:30

宮里藍に「引退前に出場を」各大会主催者が懇願中

宮里藍に「引退前に出場を」各大会主催者が懇願中

(C)まいじつ

女子プロゴルファーの宮里藍が“引退特需”に悩まされているようだ。

「国内大会の主催者からの出場オファーが殺到しています。でも、海外メジャー優勝の目標は失っていないので、できれば海外ツアーに集中したいと思っているようです」(専門誌記者)

国内大会からのオファーが殺到したのは、宮里の人気にあやかりたいとの思いもあるだろう。また、「これまでの功績に対し、花道を」とも考えているはずだろう。だが、宮里の引退に関して、ミスがあったという意見もある。

「宮里の引退会見にはひとつだけ失敗がありました。『今季限り』と言いましたが、どのツアーで引退するのか、時期を明言しなかったことです。そのため、国内の大会主催者は『せめて、最後くらいはうちのツアーにも出てくれ』という心境になるのです」(同・記者)

あくまでも海外メジャー大会での初優勝を目指す宮里は、会見のあとに全米女子プロ選手権、全米女子オープン、8月3日開幕の全英リコー女子オープン、9月のエビアン・チャンピオンシップ(フランス)への出場を明言した。しかし、どの試合を最終戦とするかは、やはり答えていない。

■ 今後はより一掃難しくなるスケジュール管理

「日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長が、エビアン・チャンピオンシップの1週前に行われる『日本女子プロ選手権』(岩手県)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.