くらし情報『斎藤由貴が不倫疑惑報道で追い込まれる「3つのピンチ」』

2017年8月4日 17:30

斎藤由貴が不倫疑惑報道で追い込まれる「3つのピンチ」

斎藤由貴が不倫疑惑報道で追い込まれる「3つのピンチ」

(C)まいじつ

女優の斉藤由貴が8月3日に東京都内で記者会見を開き、この日発売の『週刊文春』で報じられた50代開業医の男性との不倫疑惑を否定した。

会見で、相手の男性について「家族がみんなお世話になっているお医者さんです」と話し、恋人のように手をつないでいたことについては「足元がおぼつかないというか、そういうときに支えてくれる。そういうところのある方なので」と説明した。性的な関係にあるのかという質問については、一瞬考え込むようにした後「そういうことではなくて…、家族全員がお世話になっていて…、子供を連れて病院に行って…」と、動揺しながら答えている様子だった。

所属芸能事務所を通じて報道各社に送ったファクスでも《先生は随分前から家族ぐるみで主治医としてお世話になっている方で、不倫関係ではございません》と報道された内容を否定している。だが、今回の斉藤には間が悪いために生じたピンチがいくつかある。

まずは、現在出演している連続ドラマ『カンナさーん!』(TBS系)で、カンナ演じる渡辺直美の旦那役の要潤をなだめる母親役をしていることだ。劇中では「謝りなさい!」などと不倫をたしなめる場面もある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.