くらし情報『「ひと言では語りつくせない理由」がある引退した芸能人たち』

2017年8月16日 10:31

「ひと言では語りつくせない理由」がある引退した芸能人たち

「ひと言では語りつくせない理由」がある引退した芸能人たち

Naoaki / PIXTA(ピクスタ)

今年1月23日、女優の江角マキコが芸能界を引退すると代理人弁護士が発表した。江角は、同日に発売された週刊誌上で“不倫疑惑”が報じられていた。代理人は「(不倫疑惑が報じられた相手とは)不倫ではなく投資金返還交渉のために会っているだけ」として否定。一方で江角は、夫との別居生活を認めた上で「生活スタイル上の便宜のため」とし、離婚の予定は全くないと強調した。

近年の江角は、2014年3月にそれまで所属していた大手芸能事務所を離れ、個人事務所を立ち上げて芸能活動していた。同年8月には写真週刊誌に、当時の男性マネジャーに命じて、タレントの長嶋一茂の自宅に“バカ息子”など落書きを命じていた疑惑が報じられていた。

また、女優の清水富美加も今年になって芸能界からの引退を表明したひとりだ。2月11日に、宗教法人『幸福の科学』に出家するためだとして、芸能界引退をあかした。教団は『千眼美子(せんげん・よしこ)』という法名を与えたことを発表し、教団ホームページ上で《人道的映画に出たいという強い希望を持っていたにもかかわらず、最近は、人肉を食べる人種の役柄など、良心や思想信条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまう恐怖心との葛藤のなかに置かれていました》などと出家への理由を説明した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.