くらし情報『東京大空襲「発案指揮者」に旭日大綬章を叙勲した日本政府の罪悪』

2017年8月14日 16:01

東京大空襲「発案指揮者」に旭日大綬章を叙勲した日本政府の罪悪

東京大空襲「発案指揮者」に旭日大綬章を叙勲した日本政府の罪悪

(C)Shutterstock

第二次世界大戦において敗戦国となった日本は、『極東国際軍事裁判所条例』の第5条において、以下の罪で裁かれた。

  • 平和ニ対スル罪
  • 通例ノ戦争犯罪
  • 人道ニ対スル罪
  • 《戦争犯罪》とは、戦争を通じて人類に多大な損害を与える行為、すなわち大量殺人を行ったというのが第一義である。素直に解釈すれば、戦争の目的はいかに多くの人的物的被害を出すかにあるから、できるだけ多く人を殺した方、つまり第二次世界大戦では、勝利者である連合国が裁かれなければならないことになる。

    3は分かりやすい。戦時中に人道に反した行為を犯罪とする考え方で、これは戦闘力を持たない非戦闘員を圧倒的な武力を用いて戦闘員が殺戮する場合だ。広島と長崎への原爆投下や、東京大空襲、大阪、名古屋などへの大量の焼夷弾投下は、圧倒的な武力を用いて、戦闘員が戦闘力を持たない非戦闘員に対して虐殺を行った。それであるにもかかわらず、米国側は誰ひとり裁かれていない。日本の“戦争犯罪人”は、この原則から裁かれたわけではないということになる。

    では何をもって裁かれたのか。それは敗戦国の何らかの職責の責任者(捕虜の監視役など)だったから責任を取って死んでもらうという復讐以外の何物でもない。

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.