くらし情報『今井絵理子の「資産1億円」形成テクニック』

2017年8月10日 17:30

今井絵理子の「資産1億円」形成テクニック

今井絵理子の「資産1億円」形成テクニック

yasushi uesugi / PIXTA(ピクスタ)

『週刊新潮』に不倫疑惑を報じられた今井絵理子参議院議員は、「一線は越えていない」と事実関係の一部を頑なに否定している。しかし、国会議員としての資格はすでに剝奪されたも同然の状態だという。

「今井議員は2004年に音楽バンド『175R(イナゴライダー)』ボーカルのSHOGOと結婚し、1児をもうけましたが、2007年に離婚を発表しています。息子の礼夢くんは、高度感音性難聴という聴覚障害があったことから、離婚後に息子さんを引き取り、障害者に関連する公演やコンサートなどの支援活動をしています。参議院議員になる以前から息子への愛を語っていたこともあり、いいお母さんといったイメージがあったため、自民党に担がれたのでしょう。また議員になった直後の2017年7月上旬に、育児放棄疑惑が一部週刊誌に報じられたときは、フェイスブック上へ《息子は私のすべて》と投稿し、疑惑を否定しました。しかし、今回はその化けの皮が剥がれたわけです」(芸能ライター)

そんな今井議員だが、資産形成は手堅いという。

■ 今井議員の資産報告にあった「軍用地」

「1月4日に公表された参議院議員の『資産等報告書』によると、今井議員の資産総額は約1億円で、その大半が地元の沖縄県の“軍用地”によるものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.