くらし情報『「健康オタク」だった金正恩の祖父・金日成 ~その2~』

2017年8月15日 21:01

「健康オタク」だった金正恩の祖父・金日成 ~その2~

「健康オタク」だった金正恩の祖父・金日成 ~その2~

trikehawks / PIXTA(ピクスタ)

(その1からの続き)

北朝鮮では建国の父として“永遠の主席”と崇められる故・金日成だが、生前120歳まで生き永らえようと躍起になっていたらしい。

「金日成主席は、“長寿は睡眠から”と固く信奉していたといわれ、寝具も超人海戦術で作られました。漢方医のソク・ヨンファ氏による書籍『金日成の長寿健康法』によると『寝具は、スズメのあごの下にあるわずかな柔らかいふさふさの毛だけを使用して特別に製作された』ということです」(北朝鮮ウオッチャー)

1羽からほんのひとつまみ程度しか取れない貴重なもののために、使用されたスズメは70万羽という途方もない数に達した。群れない野生のスズメを獲るために、多くの人が全国で動員され、スズメ狩りを行ったと推測される。

寝具に関してはまだある。別荘のベッドには、体の各部位が当たる箇所ごとに薬剤が使用されており、枕には32種類の漢方薬が使われていたというのだ。

北朝鮮の庶民は一生のあいだに布団を持つこともなく、ましてや枕はレンガにわらを巻いて使用しているといわれる。こうした庶民の暮らしぶりなどに関心はなかったのだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.