露骨日テレ「香取、草彅いなかったことに…」過去映像から排除!

2017年8月17日 11:15
 

関連リンク

・華原朋美「PON!」レギュラー卒業
・華原朋美『PON!』レギュラー卒業「いい思いをさせていただきました」
・今井翼、結婚トークで本音ポロリ

(C)まいじつ

8月16日に放送されたバラエティー番組『1周回って知らない話』(日本テレビ系)で、『24時間テレビ 愛は地球を救う』の過去の映像が放送された。その映像で、元『SMAP』メンバーの一部が映らなかったり、内容もほぼ扱われなかったことに違和感を持つ意見がインターネットに多く投稿された。

この日の1周回って知らない話は『24時間テレビのギモンを解決SP』と題し、過去の24時間テレビに関する視聴者からの疑問に答える企画が放送された。今年の24時間テレビでチャリティーパーソナリティーを務める羽鳥慎一や、過去に司会をしたことのある徳光和夫、『NEWS』の小山慶一郎らがゲスト出演した。

番組では、1995年にSMAPジャニーズ史上初となるパーソナリティーを務め、日本武道館に1万人以上のファンが集まったことで、初めて整理券が配布されたエピソードが紹介された。

しかし、SMAPが6人いる全体映像は紹介されたものの、アップの映像で紹介されたのは中居正広木村拓哉のみであった。

このことに対してネット上では《中居と木村しか映らないって気持ち悪すぎ》、《まだジャニーズに所属してるのに…テンションが急降下した》などとファンは一様に落胆。いずれのファンもジャニーズ事務所に所属する中居や木村だけが優遇され、過去に在籍していた森且行や、9月で退所する稲垣吾郎香取慎吾、草彅剛を映さない扱いに怒りを示していた。

■ 「ジャニーズ退所組」の冷遇は今後も

SMAPの香取と草彅がパーソナリティーを務めた2005年の24時間テレビは、19.0%の視聴率を記録しており、長い歴史のなかでもナンバーワンの数字だ。

この年の放送では、「チャリティーTシャツは一日ではなく毎日着てほしい」という香取の提案で、黄色のTシャツがレモンイエローになり、やがて全5色になるなど、SMAP主導で24時間テレビの歴史は次々と塗り替えられてきた。それにもかかわらず、SMAP関連で24時間テレビの歴史を振り返る内容は1分弱のVTRのみ。スタジオでは特に話題に上がることもなかった。

ネット上では《「黄色以外のTシャツプロデュース」と出ているのに張本人の慎吾が映らない》、《コラボを実現させてテレビの可能性を広げ、夢を見せてくれた人達を粗末にするなんて》などと不満の声が挙がっていた。過去の放送内容を扱わないならまだしも、“最大の貢献者”といっていい実績を残した香取の映像まで流さないことに、違和感を覚える意見が多く出たのだ。中居と木村のジャニーズ残留組と、香取ら3人のジャニーズ退所組の扱いの差がはっきりと出た今回の1周回って知らない話。今後はこういうことがさらに増えるだろうという、ジャニーズ事務所からファンへの“予告”の意味もあるのかもしれない。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.