くらし情報『急展開「過保護のカホコ」困惑視聴者を置き去り視聴率は好調』

2017年8月17日 11:41

急展開「過保護のカホコ」困惑視聴者を置き去り視聴率は好調

急展開「過保護のカホコ」困惑視聴者を置き去り視聴率は好調

(C)まいじつ

8月16日に放送された連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)で、オープニング映像と合わない加穂子の成長ぶりと、リアリティーがなさすぎるストーリー展開に、視聴者が「笑うしかない」とお手上げの状態に陥っているという。

第6話は、根本加穂子(高畑充希)が、「もう、ママに甘えないようにする」と“脱過保護宣言”をしたため、加穂子の母の泉(黒木瞳)は家を出て行ってしまう。母の代わりに毎日慣れない家事に奮闘する加穂子だが、家のなかはめちゃくちゃになってしまう。

その一方で、両親の前で交際を申し込んでくれた麦野初(竹内涼真)に、「加穂子と呼ぶこと」、「もう一度きちんと好きだ」と言って欲しいと加穂子はお願いするが、照れ屋の初は、なかなか口にはしてくれず、加穂子はがっかりする。

実家に泉を迎えにいった加穂子の父の正高(時任三郎)は、タイミング悪く起きた泉の妹たちの騒動に巻き込まれて、説得がうやむやになってしまい、自宅に連れて帰ることができなかった。

■ かわいいだけで成長が見られない加穂子

これまで同ドラマでは、学校内でも友達がいない加穂子の成長を描いてきた。それと同時に、正高は雑に扱われ続けていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.