くらし情報『巨人・山口俊投手の事件で注目された中日・森繁和監督の発言』

2017年8月23日 17:30

巨人・山口俊投手の事件で注目された中日・森繁和監督の発言

巨人・山口俊投手の事件で注目された中日・森繁和監督の発言

(C)Shutterstock

酒に酔い、東京都内の病院で男性警備員に怪我を負わせたほか、病院内の扉を蹴って壊した罪で書類送検された読売ジャイアンツの山口俊投手に対して、球団は今季終了までの出場停止に加え、罰金と減俸を合わせて1億円を超える制裁金を課す処分を発表した。

しかし、この山口投手の処分に対して、球団に多くの「甘い」という批判が届いている。老川祥一オーナー自身が、苦情が寄せられていることを明かした上で「もっと重い処分も考えた。いろんな角度から慎重に検討した結果、下した判断」と答えている。

「ファンが怒るのも無理はないでしょう。山口は今季フリーエージェント権(FA)を行使して巨人へ入団。先発ローテーション投手の一角として期待されながら、春季キャンプ前の自主トレの段階で右肩を負傷していることが分かり、開幕当初はリハビリの日々でした。初登板は交流戦に入った6月で、そこまで巨人は球団史上初の13連敗を喫しており、大きく低迷することになった原因のひとつとも言えます。山口はここまで4試合に登板して1勝1敗。防御率は6.43です。現在、巨人は横浜DeNAベイスターズと3位争いをしていますが、今回の処分で今シーズンは全く貢献しないことが決定しました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.