くらし情報『甲子園本塁打新記録誕生で高野連が喜んだ「ある理由」』

2017年8月24日 16:00

甲子園本塁打新記録誕生で高野連が喜んだ「ある理由」

甲子園本塁打新記録誕生で高野連が喜んだ「ある理由」

(C)まいじつ

高校野球の夏の甲子園大会準決勝第1試合で、広陵高校の中村奨成(3年)が大会最多本塁打記録を更新する6本塁打目を放った。この本塁打で、元プロ野球選手の清原和博(PL学園)が1985年に記録した一大会の個人最多本塁打を32年ぶりに塗り替えた。

その試合に勝利した広陵は、決勝へ進んで花咲徳栄高校と対戦し、優勝は逃したものの中村は大会通算安打記録に並ぶ19安打も達成した。そのため、中村には今大会で一番の注目が集まった。

「中村のバッティングを見ると、とても高校生とは思えないパワーを感じます。上からたたきつける打ち方なので、力が無駄なくボールへ伝わっていきます。このままだと今年のドラフトは、即戦力になりそうな投手や早稲田実業の清宮幸太郎だけではなく、中村もドラフト1位で重複指名を受けそうな予感がします」(スポーツライター同・ライター)

中村のポジションは捕手である。それが打撃に加えて素晴らしいアピールポイントになるという。

「プロ野球各球団は、いつでも捕手の逸材を探し求めています。チーム作りの上でいい守備と打撃を兼ね備えた捕手を獲得できれば、長期にわたってチームの核となれるからです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.