くらし情報『あの大阪万博は「フリーメーソン」に牛耳られていた!?』

2017年9月2日 11:01

あの大阪万博は「フリーメーソン」に牛耳られていた!?

あの大阪万博は「フリーメーソン」に牛耳られていた!?

てるさん / PIXTA(ピクスタ)

1970年、ベトナム戦争のさなかに“人類の進歩と調和”をテーマに開催された大阪万博は、延べ6421万人が訪れた日本最大のイベントとなった。しかし、そのときすでに日本は“ある勢力”『フリーメーソン』という怪物に支配されており、大阪万博はその象徴だったのではないだろうか。

フリーメーソンは、ヨーロッパのロスチャイルド家とアメリカのロックフェラー家を頂点とする、世界最大の秘密結社で、これまで世界の歴史を自在に操ってきたといわれている。メーソンというとすぐに「とんでも陰謀論」だと揶揄する者もいるが、メーソンはいわば財閥のような経済組織であり、ユダヤの陰謀説などとは一線を画するものである。

戦後、驚異的なスピードで発展してきた日本の繁栄のピークで開催されたのが大阪万博だったわけだが、日本に畏怖を感じたメーソンは、大阪万博を日本完全支配の“のろし”としたのだ。

フリーメーソンとは“自由(フリー)な石工(メーソン)”という意味であり、古代から神殿や城などの大掛かりな政治的建築に携わってきた建築家集団のことである。“建築の祭典”と言われた大阪万博は、メーソンの支配下にあったと考えても不思議ではない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.