くらし情報『「ひよっこ」島崎遥香中心のストーリーが大不評』

2017年8月31日 07:00

「ひよっこ」島崎遥香中心のストーリーが大不評

「ひよっこ」島崎遥香中心のストーリーが大不評

(C)まいじつ

有村架純が主演している朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)に出演中で、元『AKB48』の島崎遥香の演技が「あまりに情けない…」と評判だ。第20週(8月14~19日)はそれなりに露出を見せたが、みね子(有村)に由香(島崎)は怒られる場面ばかりだった。さらにはみね子の親友の時子(佐久間由衣)にまで説教されている。

「由香はみね子が働く『すずふり亭』でシェフをしている牧野省吾(佐々木蔵之介)の娘です。母親の死がきっかけでぐれてしまい、結婚すると言って家を出てしまう(実際は同棲)。その後、仕事をせずふらふらし、すずふり亭の経営者で省吾の母である牧野鈴子(宮本信子)や省吾に金を無心しているときに、みね子と出会ったのです」(NHK関係者)

その後、由香はみね子と仲よくなり、みね子の行きつけのバー『月時計』で時子らとともに話し合う機会を持つようになる。

「由香は省吾へ“愛情の裏返し”で金を無心することのだといい、本当は父が好きだと明かします。その言葉にみね子は同情するどころか怒りを露わにし、奥茨城弁で『親からお金もらっちゃだめだ』、『わたしも時子も仕送り送っている』と厳しく言われ、時子にまで説教をされるのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.