くらし情報『伊達公子が2度目の現役引退を決めた諸事情』

2017年8月30日 16:01

伊達公子が2度目の現役引退を決めた諸事情

(C)zippy / Shutterstock

(C)zippy / Shutterstock

女子テニスの元世界ランキング4位で、46歳の伊達公子が、8月28日に自身のブログで現役引退を発表した。9月11日に開幕する『ジャパン女子オープン』(東京有明テニスの森公園)が最後の大会出場になる。

ブログには、《伊達公子、再チャレンジにピリオドを打つ決断をいたしました。》記した。マネジメント事務所によると、9月7日に記者会見をする予定だという。世界トップクラスだった1996年に一度現役を退き、2008年4月から復帰していた。

「復帰当時はテニスの人気が下火で、部活でテニスを選択する中学生や高校生も少なかったため『自分が頑張ることでテニスというスポーツの素晴らしさを知ってほしい』と奮い立って復帰したという経緯があります。なんといっても四大大会で数多くのスーパーショットを見せていた“世界のDATE”の復活ですから、全世界に衝撃を与えました」(スポーツライター)

当時は、レーシングドライバーだった夫のミハエル・クルムの練習に付き合ってランニングをしていたので、まだ体力が残っていたが、このところは「体の疲れがなかなか取れない」と嘆いていたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.