くらし情報『平昌五輪を意識して造られたキム・ヨナの銅像が酷過ぎると話題に』

2017年9月2日 11:00

平昌五輪を意識して造られたキム・ヨナの銅像が酷過ぎると話題に

にも設置されているが、こちらもやはり「全く似ていない」と不評だという。

■ 建造費は約5000万円

この軍浦市の銅像は5億2000万ウォン(約5000万円)の税金が投入されて建造された。製造過程でやり直しが出たため高額になったそうだが、今回の仁川国際空港に新設された銅像は、来年2月の平昌冬季五輪で韓国を訪れる外国人観光客を意識したものであり、ほぼ同額の制作費が投入されているという。韓国のファンはインターネット上に《キム・ヨナがかわいそう》とまで投稿していた。

「銅像公開の前、キム・ヨナはファッション系ブランド会社の広告写真を公開しています。その艶やかな美しさが話題になり、銅像とのギャップが激し過ぎたせいもあるようです」(同・記者)

キム・ヨナは仁川空港の銅像についてコメントしていない。どう思っているのか聞いてみたいところだが…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.