くらし情報『金正日の実父説のある「金策」とは何者か|金正恩の父・金正日の「日本人説」その2』

2017年9月15日 16:01

金正日の実父説のある「金策」とは何者か|金正恩の父・金正日の「日本人説」その2

(C)Mieszko9 / Shutterstock

(C)Shutterstock

(その1からの続き)

“金策=金正日の実父”という説の金策(キム・チェク)は、金日成とともに満州抗日軍の出身で、日本軍に追われてソ連極東軍第88特別偵察旅団に編入された。当時、金日成は金策の部下で、この旅団にはのちに金日成の妻となる金正淑(金正日の実母)もいた。

この説の元となるピョートル・パク氏によると、金日成は自分に似ていない金正日よりそっくりなシューラ(2歳下の次男)を溺愛した。シューラは金正日が6歳のときにふたりで水遊びをしていて溺死したことになっている。だが、事実はシューラの頭を水につけている金正日を発見した側近が駆け付けたときには、すでにシューラは死んでいたとパク氏はこの事故の様子を伝えている。

「金正淑との関係が囁かれる金策も謎の死を遂げています。1951年の朝鮮戦争のさなか、すでに故人だった金正淑の誕生日に弔問のために金日成の寝室を訪ねているのですが、その翌日に、当時前線司令官兼副首相だった金策の事故死が発表されたのです。死因は一酸化中毒死とされますが、自宅は電気オンドル(朝鮮半島で普及している床下暖房)であり中毒死はありえないとパク氏は付け加えています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.