くらし情報『関ジャニ・村上信五が27時間テレビで心配だったこと』

2017年9月11日 11:00

関ジャニ・村上信五が27時間テレビで心配だったこと

関ジャニ・村上信五が27時間テレビで心配だったこと

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

9月10日に放送された『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ系)で司会を務めた『関ジャニ∞』の村上信五が、同番組のロケで自身の声を心配していたことを10日、福岡ヤフオクドームで開催されたイベント『関ジャニ’sエイターテインメント ジャム』で明らかにした。

村上は27時間テレビで行われたロケでの声を心配しており、「ロケを見てて思ったけど、おれってめっちゃ声汚いな」など、話していたと、イベント参加者がツイッターへ投稿していた。

村上は「あの日は連日仕事が続いていて疲れた。普段からザラみのある声やけど」とロケ当日の状況を語った。すると横山裕は「ガラガラやけど声は通るよな。アフリカやったらゴリラが集まってくる」と冗談交じりに村上の声をほめたという。

27時間テレビで村上は、10日朝の『めざましテレビ』で、普段はジャニーズ事務所の後輩に当たる『Hey! Say! JUMP』の伊野尾慧が担当する『ココ調』コーナーに挑戦していた。視聴者の関心事を調査する同コーナーのタイトルを『ムラ調』に変え、江戸時代の象の扱い方が現代に通じるものか調べた。村上は象に乗り、水が入る象を見て「象さん泳げるん?象さんかわいいな」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.