くらし情報『まるで「ジャンクSPORTS」中居正広の番組が高評価』

2017年9月12日 11:25

まるで「ジャンクSPORTS」中居正広の番組が高評価

まるで「ジャンクSPORTS」中居正広の番組が高評価

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

バラエティー番組『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)の9月11日放送分が、視聴者から珍しく高い評価を得ている。

クイズ形式や、生放送のロケ企画など、番組コンセプトがぶれていしまっている同番組はこの日、スポーツに関するトーク企画を放送した。番組の前半部分では、バスケットボールの五十嵐圭選手を夫に持つフリーアナウンサーの本田朋子や、サッカー選手の宇佐美貴史選手の妻でフリーアナウンサーの宇佐美蘭ら、アスリートと結婚した女性がゲストに登場し、スポーツ選手の懐事情や恋愛事情についての話で盛り上がった。

元読売ジャイアンツの元木大介の妻である大神いずみも出演するとあって、巨人ファンの中居はテンションが高かった。元木とのなれそめ話や、結婚が相次ぐ野球選手とテレビ局の女子アナの恋愛事情を明かした大神の話を親身になって聞きつつ、引退後はしばらくもぬけの殻になっていたという元木を「本人しか分からないでしょうね。何もなくなっちゃうんですからね」とおもんばかるなど、野球が好きな中居ならではの視点で番組を進行させていた。

「本人しか分からないでしょうね」の発言に対し、『SMAP』ファンはSNS上で《昨年?くらいから事あるごとに耳にする言葉。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.