くらし情報『斉藤由貴「一線を越えていた」代償』

2017年9月13日 19:00

斉藤由貴「一線を越えていた」代償

斉藤由貴「一線を越えていた」代償


女優の斉藤由貴が“一線を越えていた”ことを認めた。

斉藤は8月、一部週刊誌に妻子ある50代の開業医の男性と手を繋いでデートするところや、1週間に4度密会していることを報道され、記者会見で「家族がみんなお世話になっているお医者さんです」と不倫関係を否定していた。

今回、報道各社に送ったファクスで斉藤は謝罪をしている。

《まずは応援してくださっている皆さま、関係者の皆さま、ご迷惑、ご心配をおかけして本当に申し訳ありません。まず最初に、今回のことは、全て私の責任です。今後お仕事で派生するペナルティーは、覚悟してお受けいたします。斉藤にやらせよう、とせっかく依頼してくださったのに、本当に申し訳ありませんでした。また、先日の会見では、本当のことをお話しできず、誠に申し訳ありませんでした。子供達が目にすることを考えると、あの公の場で何もかもお伝えすることは、私にはどうしても出来ませんでした。お相手の男性に、女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました。でも、もう、終わりにしました。》

このように、関係を終わらせたことも明言している。

「斉藤自身も覚悟していますが、これでドラマもCMもオファーが来ない“開店休業状態”になるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.