「スマステ後釜」黒木メイサ主演ドラマで注目されること

2017年9月14日 19:00
 

関連リンク

・瀧本美織主演、昭和の歌姫・越路吹雪の人生をドラマ化 ヅカメイクで男装姿も披露
・津川雅彦(77)、肺炎で緊急入院していた! ドラマ撮影ストップで現場混乱
・NMB48城恵理子、谷川愛梨、川上千尋主演・諏訪雅監督のコメディドラマ、大阪チャンネルで配信

(C)まいじつ

テレビ朝日が10月から放送する『土曜ナイトドラマ』の主役に、三浦春馬黒木メイサが決まった。ドラマのタイトルは『オトナ高校』だ。

「土曜ナイトドラマは『SmaSTATION!!』の放送枠で始まります。さまざまな事情が絡み合って番組終了するスマステの後釜になるドラマだけに、失敗は許されません。もし陳腐なドラマだったりしたら、『SMAP』ファンからの怒りの抗議が殺到するのは目に見えています。そのためか、斬新なコンセプトが打ち出されました」(放送作家)

オトナ高校は、『ウォーターボーイズ』シリーズや映画『ビリギャル』を手掛けた橋本裕志氏によるオリジナル脚本の作品だ。エリートでイケメンながら、30歳にしていまだに童貞の男である荒川英人を、三浦春馬が演じる。

英人は東京大学を卒業後、エリートたちが集まる『ヤマト銀行』の国際部社員で幹部候補として働いていた。その英人が30歳になったある日、日本では少子化対策のためにある法案がまとまる。30歳以上の性体験のない男女を集める公的教育機関『オトナ高校』が設立されたのだ。やがて英人には、オトナ高校の入学召喚状が届く。入学を拒否すれば逮捕、服役等の罰則があることに加え、童貞であることを国家に知られていた英人は著しく動揺する。英人は入学期日までに童貞を卒業しようとするが…というあらすじだ。

■ テレ朝のナイトドラマといえば「只野仁

テレビ朝日のナイトドラマといえば『特命係長 只野仁』があった。ドラマ内では必ず主人公の只野(高橋克典)と女性がベッドインするセクシーシーンがあり、高視聴率を記録した。これが人気シリーズにまで成長し、ナイトドラマの放送枠を定着させたという経緯がある。

「このドラマで処女のキャリアウーマンを演じるのが黒木メイサです。私生活では子供ふたりの母親で、子育ての真っ最中ですが、黒木がいかにして処女喪失のシーンを演じるのかは見どころのひとつになるでしょう。制作陣からは『只野仁視聴率を再び!』という意気込みが感じられます。黒木としては、同じ芸能事務所に所属していた親友の堀北真希が、結婚を機に引退してしまいました。『稼がなくては』と事務所からも言われているでしょうし、気合いが入り方も違うでしょう。きっとセクシーなシーンも入るに違いありません」(テレビ雑誌編集者)
黒木は「子供をふたりも産んでいるのに、わたしが処女役?」と当初は戸惑っていたが、いまはやる気を見せているようだ。スマステ終了後の新番組というプレッシャーをはねのけることができるだろうか。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.