くらし情報『芸能界席巻の「ハイジニーナ脱毛」で注意すべきこと』

2017年11月27日 10:30

芸能界席巻の「ハイジニーナ脱毛」で注意すべきこと

(C)Miroslav Hlavko / Shutterstock

(C)Shutterstock

最近は、女性のアンダーヘア処理も特別なことではなく一般化してきた。その影響で、「どうせ手を入れるなら全処理を」という人が増えている。

HKT48』の指原莉乃は、アンダーヘアを全て脱毛していることをバラエティー番組で明かしているが、ほかにも女優の夏菜や『AKB48』の峯岸みなみなどが“ハイジニーナ”(永久脱毛で無毛にすること)を宣言している。

実際に、東京都内のとあるエステサロンでは、ヘア処理する女性の約65%がハイジニーナ脱毛だというから、この傾向は芸能界のみならず一般にもかなり浸透しているといっていいだろう。

ハイジニーナ脱毛のメリットは、何と言っても危険な『VIO』ゾーンの自己処理から開放されることにある。“V”はビキニライン、“I”は股の間の部分、“O”は肛門周りのヒップ奥のことで、このあたりに生えている毛を自己処理する場合、怪我のリスクや痛みが伴い、どうしても付きまとう“チクチク感”が不快で、いっそ処理しないという人も多い。だが、全処理してしまえばそのような不快感とは無縁になれる。

また、蒸れやにおいなどに悩んでいる人からは、デリケートゾーンが清潔に保たれることが大きなメリットだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.