くらし情報『「ごめん、愛してる」が不満続出で最終回迎えた理由』

2017年9月19日 19:00

「ごめん、愛してる」が不満続出で最終回迎えた理由

「ごめん、愛してる」が不満続出で最終回迎えた理由

画/彩賀ゆう

9月17日に最終回を迎えた『TOKIO』の長瀬智也主演の連続ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)は、2004年に韓国KBSテレビで制作され、『冬のソナタ』(2002年)をしのぐ最高視聴率を記録したドラマをリメイクした作品だ。元となったドラマはその年の韓国ドラマ界の各賞を総なめにしていることもあり、放送前は高い前評判だった。しかし、最終回放送後は、その前評判とは裏腹に「謎だらけで不満が残る」と視聴者が怒り心頭だという。

ストーリーは、幼いころ母親に捨てられて不遇な環境で過ごしてきた主人公の岡崎律(長瀬)が、吉岡里帆の演じる愛情深い女性の三田凛華と出会い、人生の価値を見つめ、考えなおすというもの。最終回で律は全ての真実を知る。母親の麗子(大竹しのぶ)の息子であるサトル(坂口健太郎)は本当の子供ではなく、養子であること、そして麗子が律は死んでいたと思っていたことが明かされた。

「ここで不思議なのは、なぜ律が母親に『おれが息子だ』と最後まで明かさないかということです。弟のサトルにはすでに明かしていて、秘密をひとりで背負わされたサトルは苦しみます。また、凛華は律に避けられているのが分かっていてサトルを振り切り、律に寄り添うのですが、この心変わりも描写が足りていないので、いまひとつ分かりません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.