くらし情報『「ものまねグランプリ」青木隆治にヤラセ疑惑』

2017年9月27日 11:00

「ものまねグランプリ」青木隆治にヤラセ疑惑

「ものまねグランプリ」青木隆治にヤラセ疑惑

417pp / PIXTA(ピクスタ)

9月26日放送の『ものまねグランプリ 芸人40組秋のガチランキングSP』(日本テレビ系)で、青木隆治が披露したものまねが2位にランクインしたことに視聴者から批判が続出し、「ヤラセではないか」という意見が相次いでいる。

青木は日本の歌の50年の歴史をテーマにメドレー形式で、美空ひばりの『川の流れのように』、荒井由美の『卒業写真』、尾崎豊の『I LOVE YOU』、中島みゆきの『空と君とのあいだに』、福山雅治の『家族になろうよ』、桑田佳祐の『蛍』など、さまざまな歌手のものまねを披露した。

スタジオは歓声に包まれていたが、視聴者はツイッターで《青木ほんと無理。ヤラセとしか思えない》、《ヤラセ感に視聴者飽き飽きだと思う。ネタものマネとがちモノマネは分ければいいのに》、《青木全然似てないのになんで2位なんだよ、フジテレビだけでなく日本テレビもヤラセやるのか?》、《青木ってもはや何歌っても青木の歌。だから似てない》など、以前に比べてものまねが似ておらず、“ヤラセ”を疑う声が相次いでいる。

■ ツイッターでは他芸人の評価が高く…

同番組には40組が出場し、上位20位までにランクインすることで、年末のスペシャル番組に出場できる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.