くらし情報『高橋みなみがツアー最終日に号泣した理由』

2017年9月27日 19:00

高橋みなみがツアー最終日に号泣した理由

高橋みなみがツアー最終日に号泣した理由

(C)まいじつ

元『AKB48』で歌手の高橋みなみが、9月25日に東京の赤坂にあるライブハウス『赤坂BLITZ』で初の全国ツアー『高橋みなみ2017 ライブハウスツアー ~たかみなについて行きますreborn~』のファイナル公演を開催し、翌26日発売の約4年5カ月ぶりとなるシングル曲『孤独は傷つかない』など全16曲を熱唱した。

「チケットの売れ行きが伸び悩んでいたのですが、ふたを開ければ満員で、本人も安心したのか、ラスト曲『いつか』を歌唱中に突然、号泣し始めました。単独ライブに対するプレッシャーがあったのかもしれません」(芸能記者)

高橋は「(AKBを)卒業してからいろんな活動をしてきたけど、やっぱりやりたかったのはこうして歌うことでした。でも、努力が足りないこともまだまだたくさんあって、無力に感じることも正直あります」と語った。

ライブスタッフは次のように話す。

「元AKBのなかでも、集客が見込める数少ないOBのひとりが高橋です。新曲がヒットすれば、紅白歌合戦への出場も視野に入るでしょう。しかし、歌番組に呼ばれないのがつらいところです」

業界関係者によると「AKB48が出る番組にOBが出るケースはまれ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.